ゼロから始める東大合格

高校や塾などに行かず、完全独学で東大に合格した人のブログです。家庭教師もしています。東大を目指されている方や、不登校などに悩まれている方やその関係者の方などの役に立てたら嬉しいです。日本一の家庭教師を目指す!!

【独学で高卒認定から東大受験体験記】第1回〜高卒認定英語編

高卒認定試験、英語編です。

 

一応

 

koninblog.hatenablog.com

 

の続きですが、受験勉強の内容はないので興味のない方は読まなくても大丈夫です。

 

大学を志した私は、高卒認定試験を受けなければいけないことを知りました。

この時点では4月の下旬です。

 

 

まず英語から。
英語はとにかく単語を覚えればいいと考えていました。

英単語帳『鉄壁』

とりあえず『鉄壁』という単語帳を買ったことは第0回でお話しました。この時点では4月です。


この単語帳は600ページくらいある厚い単語帳で、イラストがついておりイメージ化して覚えることができるタイプです。

 

どうやる?


どうやってこんな量の単語を覚えるのか。


重要なのは反復練習です。
私は単語を覚えていく中で、受験後の今もしっかり役立つ自分なりのメソッドを確立しましたが、その基本は反復練習です。


詳しくはまた別の機会に紹介するかもしれません。


とにかくこの単語帳を3ヶ月くらいやり続けました。

 

全部やる必要ある?


もちろん全部覚えられるわけではありません。
気を落としそうになりますが、全部覚える必要なんてまるでないですからね。
この本は高卒認定から見たら完全オーバーワークです。


高卒認定だけを受けたい人は速読英単語の簡単なものにすると良いと思います。

 

センター試験や東大入試などを考えている人はやっておくと英語にはそんなに苦労しなくなると思いますよ。

 

7月頃までに単語帳をとりあえず一周しました。


最初は"have"のスペルすら覚えていませんでしたが、適当なネットの英文の意味がなんとなくわかるくらいにはなりました。


英単語すべてがわかるわけではありませんが、なんとなく意味が類推できるようになるんですよね。

 

総合英語 Evergreen

もともと『総合英語 Forest』という参考書だったもので、英文法を体系的に扱ったものです。

 

これはがっつりやるというよりは辞書的に使いました。

 

問題集などと併用して、よくわからないところをこの本で確かめるという感じです。

 

中学英文法ドリル

 

問題集では文法問題をひたすら解きます。

 

私は『ハイパー英語教室楽しく!わかりやすく!スッキリ!中学英文法ドリル―中1の基礎から高校入試へ』という問題集を使用しました。

 

別に何でもいいと思います。とにかく解いて間違えて反復してできるようになるまでやるだけです。

 

文法の基礎力を身につけるトレーニン

 

私がやっていたのは『総合英語Forest(7th Edition)解いてトレーニング』ですが、今はその続編で、

『文法の基礎力を身につけるトレーニング (「総合英語Evergreen」完全準拠文法問題集)』があります。

 

先ほどの『総合英語Evergreen』に対応する問題集です。

 

中学レベルの英文法を終えたらこのような問題集を軽くやれば高卒認定試験は確実に合格できます。

 

高校レベルの問題は完璧である必要はありません。

 

さらっとやったら過去問を見ていきましょう。

 

過去問

過去問は受験でもっとも重要なアイテムです。

 

最後に書きましたが、一番最初に見てしまってもいいでしょう。

 

勉強を始める前に見ると訳がわからず辛いかもしれません。

 

私もそうでした。

 

でもちゃんと勉強した後だと、「読めなかったものが読める」体験を味わうことができます。

 

成長を実感できるのは本当に楽しいものです。

 

やれば必ず成長します。

 

怖れず向き合ってみてください。

 

まとめ

 

高卒認定試験は落とす試験ではなく受からせる試験です。

 

英語も同じで、合格に要する点数も5割あれば十分です。

 

とにかく勉強で重要なのは反復練習です。これを忘れなければどんな科目でも何とかなりますよ!

 

次の記事は数学です。ぜひ読んでみてください。

 

 

koninblog.hatenablog.com