ゼロから始める東大合格

高校や塾などに行かず、完全独学で東大に合格した人のブログです。家庭教師もしています。東大を目指されている方や、不登校などに悩まれている方やその関係者の方などの役に立てたら嬉しいです。日本一の家庭教師を目指す!!

【不登校OK!?】学校の役割は勉強ではない!?学校の役割5つ

こんにちは。高卒認定から独学で東大に合格した鈴木と申します。

 

学校というと切っても切り離せないのが「勉強」。

 

しかし本当にそうなのでしょうか。

 

「学校の意味」を分析して「不登校はOKか」を考えていきたいと思います。

 

 

①友達, 恋愛

 

学校の役割でもっとも重要なのは「人間関係」です。

 

学校では様々な出会いがあります。友人、恋人、先生など、様々な人間関係の交差する中で、「人間とは何か」や単純にコミュニケーションの方法を学ぶことができます。

 

これは非常に重要で、社会において人間と関わらないということは難しく、また人間は本質的に社会性を持っていることがほとんどなので、いわば「人間関係の勉強」は生きる上で大きな力になります。

 

ただ、勉強でもいい参考書や先生の下で勉強すれば良い勉強ができるように、人間関係においても良い環境とあまり良いとはいえない環境があります。

 

例えばいじめが続発し教師も無関心、などは最悪でしょう。

 

こんな環境で学んだ人間関係は悪影響すら及ぼしかねないです。

 

はっきりいってこのような状況なら学校に行く必要はないのではないでしょうか。

 

②勉強の仕方を学ぶ

 

学校は勉強ができるようになる空間ではありません。

 

なぜなら、話を聞いているだけでは、一部の天才やすでに内容を知っている人を除いては、理解も浅く、ましてや、「勉強ができる」状態にはならないからです。

 

であれば授業というものは無意味かといえばそうでもないと思います。

 

授業で学ぶのはたいていの場合、もっとも基礎的な部分です。例えば歴史ならマニアックな知識をガンガン学ぶというよりは、徳川家康など、有名な話から学んで行くはずです。

 

逆に詳しいことはあまり教えてくれません。

 

もっと知りたければ、自分で学ばなければいけないのです。

 

学校がやっているのはこのような「最初」の部分を教えること。

 

これは「勉強の仕方」を教えているということでもあります。

 

簡単な部分を教え、その知識や、手法を使って、より深い知識の獲得を促しているわけです。

 

手法というのは数学などの方がわかりやすいかもしれません。

 

学校では記号の意味や簡単な計算方法などの基礎を教えて、難しい応用問題を解くのは、生徒自らの課題とするということですね。

 

逆に、いえば、学校は簡単なことしか教えてくれないことも多いわけです。

 

授業では簡単なことを教えます。

 

その部分は独学でやっても理解可能なはずです。

 

少なくとも、勉強の仕方さえわかってしまえば、勉強のために学校に行く必要はあるとはいえないのではないかと思います。

 

以下の記事にも学校に行かない場合の学習方法について書いてありますので参考にしてみてください。

 

koninblog.hatenablog.com

 

 

③運動(健康)

 

学校に行くということは、健康に繋がります。

 

正確には、どこかに時間通りに通うという作業は生活リズムを安定させますし、運動の機会、太陽光を浴びる機会にもなります。

 

運動は言わずもがな健康に良いですし、太陽光に当たることも様々な理由から健康に良いとされています。

 

太陽光を浴びなかったり運動不足になったりすると、精神面で過度に不安になったりする危険性も指摘されています。

 

一方で、健康に大きく影響を与えるのが「ストレス」です。

 

もし学校生活が大きなストレスになっているならば、無理して通う方が健康リスクを高める可能性もあります。

 

いじめで辛かったり、あるいは遺伝による夜型で、朝の通学が辛いなら、夜間学校などに変更するなどの代替案を検討しても良いかもしれません。

 

④居場所の提供

 

人間は社会的な生き物であり、居場所を必要とします。

 

大抵人間の最初の居場所は「家庭」です。

 

安心できる家族の中で社会性を身につけて行くわけです。

 

ところが、その家庭に居場所がない方もいます。

 

そのような場合に学校は「居場所」として大きな役割を果たすでしょう。

 

 

⑤ステータス(名門校なら)

 

開成や灘をはじめとした名門校であれば、中学、高校であってもステータスになります。

 

家庭教師や塾の募集では、これらの出身しか認めない、という場合もあります。

 

履歴書でも一目置かれる可能性があります。

 

しかし、大抵の場合、あまり影響しないでしょう。

まとめ

 

学校に通うだけでは勉強に差はつきません。

 

話を聞いているだけで勉強ができるようになることはまずないからです。

 

宿題をしっかりこなし、人間関係や精神面でも充実している場合、のびのびと子供は育つのだと思います。

 

また勉強ができると言っても試験に合格できれば良いというのは間違っていると思います。

 

 

koninblog.hatenablog.com

 

学校に通わなくても十分な知性を身に着けることは可能だと思います。

 

学校に通うのには大きなメリットがありますが、場合によってはそうでないこともあります。

 

学校をやめるのも一つの選択肢としてありなのではないでしょうか。

【不登校のための】圧倒的"下克上"勉強法厳選2選

こんにちは。学校に行かずに東大へ行った鈴木翔大と申します。

 

不登校に悩む子供は全国で数十万人に登ると言われています。

 

私自身もそうでした。

 

不登校は一般に勉強が遅れてしまうと言われています。

学校で授業を受けられないから当然だと思うかもしれません。

 

しかし、勉強と学校はあまり関係ありません。

 

勉強とは本来自分で行うものだからです。

 

ではどのように勉強して行けば良いのでしょうか。

 

 

不登校が勉強で圧倒的優位に立つ訳

 

不登校の子供は勉強で不利だと思われています。

 

本当でしょうか。

 

学校の重大な欠陥

 

学校での勉強というのは、カリキュラムに沿って、一定のペースで進みます。

 

だから、ここでも理解できないところがあっても、勝手にどんどん進んでしまうんですね。

 

先生に質問をすればいいかもしれませんが、「質問」という行為自体、苦手としている人も大勢いるはずです。

 

このような状況では勉強が得意な子しか伸びません。一度つまずけば置いてきぼりです。

 

不登校の大きな優位

 

一方で不登校の生徒はどうでしょうか。

 

カリキュラムには縛られません。

 

実力に合わない宿題もありません。

 

自分でやることは自分で決める必要がありますが、そのおかげで自分の実力にあった勉強をできます。

 

勉強でもっとも大切なのは復習

 

カリキュラムから解放された不登校生徒は何をすべきか。

 

ますは小学1年生レベルから復習しましょう。

 

馬鹿にしていません。真剣ですよ。

 

基礎がなければその上にものを積み上げることはできません。

 

逆に土台さえできてしまえば、あとはもう、勝手にできるようになっていきます。

 

①小学生レベルから始める

 

圧倒的"下克上"勉強法の最初の鉄則は小学生レベルから始めるということです。

 

しかし小学生レベルの勉強とはなんでしょうか。

 

教科書を読めば良いのでしょうか。

 

違います。教科書は教師の存在を前提としているので非常に効率が悪い、ということに注意しましょう。

 

やるべきこと

 

やるべきことは

  • 小学生レベルの漢字
  • 九九
  • 足し算、引き算、掛け算、割り算
  • 歴史

です。

これらは基本的に全て単なる暗記です。

 

漢字、九九はまずは覚えているか、問題集などを使って適当にチェック。

6-7割覚えていればOKです。

 

足し算、引き算、掛け算、割り算も計算ドリルなどで確かめて見ましょう。

 

だいたいわかればいいと思います。

 

これらは、もし全然わからないようであれば、勉強して、というか暗記して覚えてしまいましょう。(暗記の方法についてはいつか記事を書こうと思います)

 

 歴史は、ズバリ漫画を読みましょう。

 

私は『学習まんが少年少女 日本の歴史』を読みました。

 

ゼロから一気に歴史の流れがわかり、最初の段階での学習には最適です。

 

歴史は流れで覚えてしますのが良いです。

 

細かい用語などは後からいくらでも覚えることができますからね。

 

そして、これらをクリアしたら次は中学生レベルにいってしまって良いでしょう。

 

こうやってステップアップしていくことで、いつの間にか全国でもトップレベルの集団に混ざってしますことすらあります。

 

②復習は勉強の神器

 

勉強でもっとも大切と言えるのが「復習」。

 

復習なしに勉強を語ることはできません。

 

復習がいかに重要であるかは、脳科学などでも散々証明されてきており、常識になっています。

 

しかし復習と言っても具体的には何をどの程度するなど、よくわからないかもしれません。

 

復習には大きく二つあります。

 

超短期復習、短期的復習と長期的復習です。

 

超短期復習

 

超短期復習とは、秒、分単位で復習を行うことです。

 

新しい物事を学ぶ時に特に有効です。

 

例えば、漢字を覚えている最中だとします。

 

「鬱」という漢字に初めて出会ったとしましょう。

 

読み方もわからなければ当然書けもしない。

 

こんな時、「超短期復習」を使います。

 

まず、読みを調べると、「うつ」だとわかります。

 

で、即座に「鬱」という漢字を見ます。

 

今回は読めますよね。(とはいえ秒でも忘れるときは忘れます)

 

書きだと一度では覚えられそうにありません。

 

一回書いてみます。

 

今度は即何もみないで書く。書けなかったら、もう一度同じことをします。

 

するといつかは書けるようになります。

 

これで一度「鬱」は覚えたわけです。

 

今度は別の漢字で同じことをしましょう。

 

その漢字を覚えたところで、再び「鬱」に戻りましょう。

 

そして書けたらOK、さらに次の漢字へ。ダメだったら最初に戻りましょう。

 

このサイクルを繰り返すのが「超短期復習」です。

 

短期的復習

 

超短期復習で、いくつか暗記を終えたら、今度は寝る前などに今日やったことを全て復習しましょう。

 

いくつかは忘れてしますと思いますが、そのときは再び超短期復習で覚えなおします。

 

これが短期的復習です。

 

さらに余裕があれば次の日にも復習しましょう。

 

これでかなり安定して記憶できるはずです。

 

長期的復習

 

長期的復習とは、短期の復習で覚えたものを、週の終わりや月の終わりなどに総復習することを言います。

 

とはいえ全ての復習をするのは難しいものです。

 

ここでは今までやったことを、時期ごとに区切りをつけて(例えば小学生一年生分の漢字、など)、その中からランダムに十分の一くらいの量を復習するものです。

 

ここでだいたいあっていればもうその分野はOKでしょう。

 

次の勉強を始めましょう。

 

このやり方で、別次元の暗記量を実現できます。

 

もちろん漢字だけではありませんよ。

 

英語だろうが、数学だろうが、何にでも応用がきく方法です。

 

個別のやり方についてはまた記事にしようかなと思っています。

 

まとめ

 

不登校は実は勉強においては有利に立っています。

 

小学生のレベルから復習を中心にしっかり勉強していけば、いつのまにか周りを置き去りにするレベルで成長することもそう難しくないのです。

 

保護者や家庭教師の助けも必要

 

とはいえ、勉強をみてくれる人がいないと、特に数学などではつまづくこともあります。その際は、保護者の方や兄弟、家庭教師などを利用するのが良いと考えています。

 

家庭教師に関して補足をすると、やはり家に教師を呼ぶというのは不登校の方にとっては大きなストレスになりかねません。

 

コミュニケーションがストレスになる場合があるからです。

 

私は全てがLINEで完結するテキストのみの家庭教師があっても良いと考えています。

 

テキストはなるべくストレスのかからないような感じで、パターン化され、キャラクター化されたものです。

 

個人的にやっているので、もし興味のある方はut-ninok[at]gmail.comにメールをいただければ、助けになるかもしれません。

 

記事は以上です。関連記事↓↓↓↓↓↓

 

koninblog.hatenablog.com

 

 

 

 

東大生は頭がいいか?

世間では東大生は勉強できるということになっています。「東大生は勉強しかできない」とさえ言われる始末。では実際そうなのでしょうか?

結論から言うと、東大生は、実はそんなに勉強ができるわけではないと思います。

 

 

東大生の本当の姿

東大生は、実はそんなに勉強ができるわけではない、と言いました。

しかしながら、彼らは難易度の高いとされる試験を突破してきたはずです。どうしてそんなことが言えるのでしょうか。

それは彼らが、塾や予備校の言うとおりにやってきたからです。過去問を沢山解いたからです。

逆に言えばそれだけです。ただ「東大二次試験」に知識や思考を最適化してきただけの人が多い。

そんな人たちは、大学に入ってからは、東大のイメージに比して常凡な存在になります。

指導者を失ったために簡単な学内の試験でそこまでの点数を出さないし、そもそもやる気がありません。ただ遊んでいるだけのような人も多いです。

例えば、バイトを沢山して、一人暮らしをして、すっかり独立した気になっている人(東大生は賢ぶってるが世の中まるでわかってない)や、受験の栄光(そんなものはない)だけに浸って、大学生になってもずっと入試の話ばかりする人などです。

そんな人たちは、よくわからない受験テクニックだけしか知識のない大学生になっている、というのが現状でしょう。

東大に入るメリットも東大生

ここまで読んだ方は東大生に失望したかもしれませんが、もちろん「期待通り」の人もいます。東大に入学するメリットもこういう人たちに会えることだと思います。

本当に賢い人たちと話すと脳が震えるような感じすらします。こともなげに瞬時に深淵まで至るような思考を見せてくれる人、膨大で深く正確な知識と意見を持ち社会を変えようと動いているような人と話すのは本当に楽しく、勉強になります。

まとめ

なんで大学にいるのかわからないような人も少なからずいる中、素晴らしい人もいるのが東大です。一握りの優れた人に会えるだけでも、東大に入学する価値はあると思います。ただやはり、東大生なら賢いというのはおかしいですね。

 

大関係の記事は↓↓など

 

 

koninblog.hatenablog.com

 

koninblog.hatenablog.com

 

 

東大 進振りの嘘

インターネット上の東大情報は非常に誤りが多いと感じたので、今回は進振り(進学選択)についてです。

 

 

進振りとは?

東大生は入学時に全員が教養学部という学部になります。その後二年生の夏休みごろに正式な学部学科が決まります。これを進振りと言います。

ただ皆が皆いきたい学部に行ける訳ではないんです。人気出会ったり人数の少ない学部学科は競争率が高い。

その競争は定期テストの平均点で決めるんですね。その点数は進振り点と呼ばれます。

ちなみに現在の正式名称は進学選択ですが、大学側が書類上使うだけで皆進振りと言います。

進振りは難しい?

進振りに関してインターネットの情報は割と適当です。そもそもそこまで情報がないですね。

はっきり言って進振りはそんなに大変ではないです。大変という人の声が大きいだけなように思います。私は平均点が100点満点中90点弱ありましたが、そこまで勉強したという訳ではありませんでした。

また私の周りにもほとんど部活やバイトばかりで、テストの前日や当日に勉強しているような人でもある程度の点数が取れていました。進振りで成功するのはそんなに難しい事ではないです。

東大生は勉強が得意?

これは前期教養(一年生と二年生の前半)は授業もあまり難しくないですし、また周りも遊んだりバイトなどをしていて勉強熱心ではないからだと思います。

またそもそも東大生だからといって別に勉強が得意な訳ではありません。

私自身東大とは無縁の生活を送っていたので、入学当初は勝手に劣等感を抱いていましたが、「あれ?」と思うようなことも多く、実際にはそんなに勉強が得意な訳ではないことが後からわかりました。

詳しくは別の機会に紹介したいと思います。

まとめ

進振りの負担はそこまで大きくないことがおわかりいただけたと思います。進振り点は簡単に稼げるし、要する点数もそこまで高くありません。

受験時の科類もそこまで気にしなくてもいいと思います。個人的には文3と理1と理3だけでいいんじゃないかと思っているのですが、これもまたの機会に。

 

 

 

 

 

 

【独学で高卒認定から東大受験体験記】第2回〜高卒認定数学編

高卒認定の数学の勉強をどのようにしたか、問題集などを紹介していきたいと思います。高卒認定試験4ヶ月前からの受験体験記です。

 

 

 

第1回の英語編は↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

koninblog.hatenablog.com

 

サクシード

 

私はたまたま数学はある程度好きで、中学程度の数学は理解していました。

 

数学は第0回で、『一対一対応』の数学Iを買ったことをお話しましたが、結局これをやるのは後になります。


私がまずやったのは『サクシード』です。

 

これは計算問題を中心に載せた問題集で、やや難しいくらいの難易度です。


サクシードの何がいいかというと、これをやっておけばとりあえず問題が解けるようになることです。


最初から問題集?

 

,いきなり問題集をやるというのを疑問に思った人もいるかもしれません。

 

全く知らない分野の問題をどう解くというのか、無理じゃないか、ということです。

 

すみません、これは実際に無理です。 解けません。

 

じゃあどうするのか。

 

解かなくていいんです、最初は。

 

最初は意味わからないなと思って解答を見る

 

そうすると計算方法がわかります。わからなかったらググれば良い。

 

そして今度はそれを思い出しながら、あるいは答えをみながら解いてみる。

 

こうして私は教科書なしに高校数学を学んでいきました。

 

数学は暗記

 

このレベルの数学は暗記です。

 

もちろん頑張って考えて解くということもできると思いますが、基本は暗記で行くべきで、受験ではそれが普通です。

 

考えて解くというのは大学受験の二次試験まで待つことになります。センター試験も考えるより速度重視でした。

 

過去問

 

やはりもっとも重要なのは過去問です。

 

中学生レベルの数学を知っているなら過去問とその解答から合格水準に達する知識を得る事は十分可能でしょう。

 

かなり問題はパターン化されており、数学の問題が読める人は最初に分析してからやるべきです。

 

そうすればすぐにでも合格水準に達するでしょう。

 

まとめ

数学は暗記です。

 

過去問のパターンからどんな問題が出るのかを分析し、問題の解き方を見たりしながらなんども解いていけば、その解き方を覚えることができます。

 

そしたらあとはそれを使って解くだけです。

 

しかしもともと数学が苦手、あるいは全然知らない、やったことがないという人は過去問の分析や実際の学習方法がわからず、時間を多く消費してしまうと思うので、家庭教師などを利用するのが理想でしょう。

 

過去問の分析に関しては後ほど記事にしたいと思っています。

 

それでは以上になります。次回の第3回は高卒認定の国語についてです。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

【現役東大生直伝】最強の勉強方法はまさかの!?

高校や塾などを利用せず独学で東大に合格した私の経験から、最強の受験ツールについて解説していきたいと思います。

 

家庭教師

結論から言ってしまうと、受験最強は家庭教師です。

家庭教師最強の理由

何と言っても一対一ですから、学習効率が段違いです。

 

学校の集団授業の比ではない。

 

独学するのもいいと思いますが、非常に「きつい」です。成功率は高くないように思います。

 

成功を重視するなら絶対家庭教師がいいでしょう。

 

家庭教師ならなんでもいい?

東大生には家庭教師で稼ぐ人たちがいます。私もその一人です。

 

ですが、物申したい。

 

たいていの東大生は家庭教師に向いていない!

 

それではどんな教師がいいのか。

 

それは開成高校出身でも、理三でもなく、間違いなく「独学で東大に合格した人たち」です。

私も「独学で東大に合格した人」ですから、家庭教師としての自信があります。

 

(学食などで「うちのとこは全然ダメでさあ笑笑」と担当している子をバカにする人たちを見るたびうんざりします)

学校

学校で勉強が完結するならそれで良いと思います。

 

勉強面で言えば集団授業なので効率が悪いですが、学校の意義は人間関係の構築にあると思っています。

 

はっきり言って良い勉強環境よりも良い友人関係の方が重要でしょう。

 

そのため、学校が楽しくない場合は、通う意味があるのか疑問です。

 

塾・予備校

多くの場合で集団授業か、そうでなくても塾側の無駄の多いカリキュラムに沿って授業が行われるのでおすすめできません。

 

なぜ無駄が多いのかというと、塾側が実績を出すために色々仕組むからです。生徒一人が沢山の大学に受かるようにしたりするのです。

 

ある程度、的を絞らなければ苦労するだけです。

 

また受験に特化していて「テクニック」に終始するのも好きではない。

 

こういうことをしているから自主性のない、「使えない」と言われるような人が出てしまうのではないでしょうか。

独学

 

独学での勉強は得るものが多いのですが、非常に大変です。

 

手探りで自分なりの方法を確立していく必要があるからです。

 

時間も余分にかかる可能性が高いので、既に存在しているノウハウを教えてもらう方が良いでしょう。

 

ところが、そういうノウハウは入手するのが難しいんですよね。

やっぱり家庭教師

 

やっぱり家庭教師が最強だと思います。

 

特に集団授業に馴染めない人にはお勧めできます。

 

私が家庭教師を始めたのは、自分が独学で獲得したメソッドを、集団授業に馴染めず実力を発揮できない人に教えていきたいと思ったからです。

 

ぜひ家庭教師を利用してみてください。

 

【独学で高卒認定から東大受験体験記】第1回〜高卒認定英語編

高卒認定試験、英語編です。

 

一応

 

koninblog.hatenablog.com

 

の続きですが、受験勉強の内容はないので興味のない方は読まなくても大丈夫です。

 

大学を志した私は、高卒認定試験を受けなければいけないことを知りました。

この時点では4月の下旬です。

 

 

まず英語から。
英語はとにかく単語を覚えればいいと考えていました。

英単語帳『鉄壁』

とりあえず『鉄壁』という単語帳を買ったことは第0回でお話しました。この時点では4月です。


この単語帳は600ページくらいある厚い単語帳で、イラストがついておりイメージ化して覚えることができるタイプです。

 

どうやる?


どうやってこんな量の単語を覚えるのか。


重要なのは反復練習です。
私は単語を覚えていく中で、受験後の今もしっかり役立つ自分なりのメソッドを確立しましたが、その基本は反復練習です。


詳しくはまた別の機会に紹介するかもしれません。


とにかくこの単語帳を3ヶ月くらいやり続けました。

 

全部やる必要ある?


もちろん全部覚えられるわけではありません。
気を落としそうになりますが、全部覚える必要なんてまるでないですからね。
この本は高卒認定から見たら完全オーバーワークです。


高卒認定だけを受けたい人は速読英単語の簡単なものにすると良いと思います。

 

センター試験や東大入試などを考えている人はやっておくと英語にはそんなに苦労しなくなると思いますよ。

 

7月頃までに単語帳をとりあえず一周しました。


最初は"have"のスペルすら覚えていませんでしたが、適当なネットの英文の意味がなんとなくわかるくらいにはなりました。


英単語すべてがわかるわけではありませんが、なんとなく意味が類推できるようになるんですよね。

 

総合英語 Evergreen

もともと『総合英語 Forest』という参考書だったもので、英文法を体系的に扱ったものです。

 

これはがっつりやるというよりは辞書的に使いました。

 

問題集などと併用して、よくわからないところをこの本で確かめるという感じです。

 

中学英文法ドリル

 

問題集では文法問題をひたすら解きます。

 

私は『ハイパー英語教室楽しく!わかりやすく!スッキリ!中学英文法ドリル―中1の基礎から高校入試へ』という問題集を使用しました。

 

別に何でもいいと思います。とにかく解いて間違えて反復してできるようになるまでやるだけです。

 

文法の基礎力を身につけるトレーニン

 

私がやっていたのは『総合英語Forest(7th Edition)解いてトレーニング』ですが、今はその続編で、

『文法の基礎力を身につけるトレーニング (「総合英語Evergreen」完全準拠文法問題集)』があります。

 

先ほどの『総合英語Evergreen』に対応する問題集です。

 

中学レベルの英文法を終えたらこのような問題集を軽くやれば高卒認定試験は確実に合格できます。

 

高校レベルの問題は完璧である必要はありません。

 

さらっとやったら過去問を見ていきましょう。

 

過去問

過去問は受験でもっとも重要なアイテムです。

 

最後に書きましたが、一番最初に見てしまってもいいでしょう。

 

勉強を始める前に見ると訳がわからず辛いかもしれません。

 

私もそうでした。

 

でもちゃんと勉強した後だと、「読めなかったものが読める」体験を味わうことができます。

 

成長を実感できるのは本当に楽しいものです。

 

やれば必ず成長します。

 

怖れず向き合ってみてください。

 

まとめ

 

高卒認定試験は落とす試験ではなく受からせる試験です。

 

英語も同じで、合格に要する点数も5割あれば十分です。

 

とにかく勉強で重要なのは反復練習です。これを忘れなければどんな科目でも何とかなりますよ!

 

次の記事は数学です。ぜひ読んでみてください。

 

 

koninblog.hatenablog.com